行く、いく、ゆくの違いを理解しましょう

「行く」は行き帰り、行き来する、行きつけなど、要するに行くことですね。

「いく」は、うまくいく、合点がいくのほか、満足がいくなど、「行く」の意味が薄れていますね。また、消えいく、減っいくなど、補助動詞の「て」が加わったとき。

それでは、「いく」と「ゆく」は、どう違うのでしょうか。

「いく」は口語的、つまり日常的に使う言葉です。学校に行(い)きますと言うけれど、学校に行()きますとは言いませんね。

「ゆく」は詩的な言葉使いですね。「く春や」「滅びく」と言うと、ロマンチックですよね。

それでは一句。

「夏がく 行(ゆ)きずりの恋 行()き止まり」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です