ユニクロの「エアリズム」は暑い!日本の夏に不向き。

夏を涼しく乗り切ろうと、ユニクロの「エアリズム」を買いました。感想は「暑い!!」。
「これって冬用じゃん!」(あくまでも個人の感想ですが)。ネットで「エアリズム」と検索すると「暑い」が出てきます。世界企業となったユニクロは、とうとう日本の夏に不向きな製品を出すようになったのですね。今後インナーは、世界基準より、日本基準で選びます。四季があり、夏には梅雨や猛暑日もある日本を向かずに世界を目指すユニクロを私は卒業します。

エアリズム

そもそも「エアリズム」は化学繊維です。涼しいはずないけど、ユニクロなら「ヒートテック」並みの大発明をしてくれるのでは、との期待がありました。ところが新作の生地は厚くなっています。きっとその方が世界では受けるのしょうね(あくまでも個人の感想ですが)。中国やヨーロッパは日本より寒いし、南の島の人はインナーとか着けないだろうし。ユニクロを信じて買った私が悪いのです。買う前にネットの評判を見るべきでした。

ところで、世界企業のユニクロの「シームレスパンツ」ですが、これもひどい。穿いて歩いたとたん、ずり下がってしまいます。使い物にならないのですぐに捨てました。私は日本人なので「世界基準」のお尻のサイズではなかったのでしょう(個人の感想ではなく、実体験)。

決して、ユニクロを非難するものではありません。ユニクロには、ぜひとも世界制覇を目指してほしいです。今やユニクロは営業黒字の4割以上を外国事業が占めています。日本経済のため、少子高齢化が進む日本ではなく、外貨を稼いでほしいと願っています。ただし、私はユニクロを卒業させていただきます。もちろん、あっとおどろくような凄いモノを世に出されたときは戻りますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です