BTSテテ(V)の「花郎」での演技がいじらしいくて可愛いすぎ!

テテ(V)は防弾少年団(BTS)のメンバーで、2017年に〝世界一のハンサム〟に選ばれました。本当にキレイな顔してますよね。そして、韓国ドラマ「花郎(ファラン)」に出演したことでも話題になりました。出演者の中で最年少の愛らしい役回りでしたが、見事に演じ切ったと思います。イケメン揃いの中、最後は〝いじらしい〟ほど可愛かったですね。

花郎のテテ(V)

BTSといえば、 全米音楽チャート「ビルドート」で韓国人歌手として初めてトップになるなど世界的に活躍しています。世界に通用するよう育てられた彼らの努力は半端なものではないでしょう。英語はもとより、日本語も上手です。血と汗の連続だったことは想像に難くありません。

「 花郎」は約1500年前の新羅の花郎たちの成長を描いた時代劇です。主演はパク・ソジュン。 ソジュンはイケメンで、演技力も抜群。他の出演者たちもイケメン+演技力があります。

それだからこそ、テテの演技には「足を引っ張ってはいけない」「一生懸命に演じよう」という気概が伝わってくるのです。テテの演技は下手ではないが「上手」でもない。テテは最後、母親違いのお兄さんをかばって死ぬのですが、とにかく、一生懸命さが伝わってくるのです。

テテを始めBTSのメンバーは、世界に認められるためにとてつもなく努力をしたでしょう。私はBTSのファンではありませんが、日韓の歴史や政治にエンターテインメントが翻弄されることは好ましいことではないと思います。エンターテインメントはエンターテインメントとして、正当な評価をするべきだと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です