韓流ドラマの財閥御曹司といえばソンフン。水泳で鍛えた肉体と目力で御曹司一直線

韓流ドラマといえば「どろどろの復讐劇」。そして「財閥の御曹司とのロマンス」。
その財閥の御曹司といえば、なんといってもソンフン。
ソンフンは、ほぼ「御曹司」専門。姿形が、我々がイメージする御曹司そのものなのです。キムタクが何の役を演じてもキムタクなように、 ソンフンは何を演じても御曹司なのです。 これまでも、これからも御曹司といえば、ソンフン!

ソンフンは1983年2月14日生まれ。
小学生から水泳選手として活躍。大学時代はバタフライで新記録を出したものの、腰のヘルニア手術から水泳を断念しました。

ソンフン
ソンフン写真集

そして、2011年に「芙蓉閣の女たち〜新妓生伝」で俳優デビュー。28歳でのデビューは遅いですが、兵役はすでに終えており、俳優としてはその後が有利ですよね。
ドラマは李子朝鮮時代の妓生(キーセン)が現代にいる設定で、ソンフンはもちろん御曹司の役柄です。しかも名前が「ア・ダモ」。ヒロインの出生の秘密や御曹司との出会いや別れ、そして真の愛が芽生える〝鉄板〟の韓流ドラマです。ソンフンの高い鼻と、ヒロイン役のイム・スヒャンの妙に整った鼻がぶつかりあう時にはハラハラしましたが…。

2015年には「高潔な君」に出演。原作は大人気ウェブ小説で、財閥御曹司と貧乏な獣医師の格差恋愛。ストーリーは、きわめてベタなシンデレラストーリーです。ヒロイン役のキム・ジェギョンはK-popガールズグループ〝RAINBOW〟のリーダーで、冴えない獣医師には見えなかったけど…。

そして2017年のドラマ「じれったいロマンス」は世界120カ国で放映され、大ヒットしました。避暑地の海辺での〝ワンナイトラブ〟が、3年後に本当の〝ラブ〟となる、これこそ鉄板の胸きゅんきゅんドラマです。ヒロイン役のソン・ジウンは、ほどほどにかわいくで、ちょうどいい感じ。女癖が悪く、父親から地方のリゾートホテルのベルボーイの仕事を命じられたソンフンと、母親が元アダルト女優で就職できない栄養士志望の女の子。ひと夏のひと夜の出来事で女性がトラウマになった御曹司と、新米栄養士となった2人が3年後に再び出会い、家柄の違いを乗り越えて結ばれる〝コリアンドリーム〟、いえ、〝ジャパニーズウーマンも憧れるドリーム〟なのです。夢もトキメキもない、食べることしか楽しみがない、貴女におすすめのドラマです。

じれったいロマンス
ドラマ「じれったいロマンス」

ソンフンは、2012年の時代劇「シンイー信義ー」では銀髪の笛の使い手として登場。強烈なビジュアルで、存在感はすごかった。でも、 ソンフンは現代の御曹司がはまり役。水泳で鍛えた肉体と凛としたたたずまい。そして圧倒的な目力(めじから)は、他の追随を許しません。これまでも、これからも御曹司といえば、ソンフン!




公式サイト【JOMASHOP.COM】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です