「モスラ」「ラドン」「キングギドラ」3怪獣がハリウッドデビュー

映画「ゴジラ・キングオブモンスターズ」で3怪獣を見たときは、胸が熱くなりました。阿蘇山から産まれた「ラドン」は、何とメキシコの火山から出現。ザ・ピーナッツの「モスラ」は中国雲南省でサナギから羽化します。キングギドラは南極。九州版ゴジラで感動した頃からすれば、なんとインターナショナルなんでしょう。みんな出世したね。嬉しいです!

モスラ・ラドン・キングギドラ

九州版のゴジラ「ゴジラVSスペースゴジラ」(1994年)では、鹿児島の錦江湾から出現したゴジラが福岡タワーを目指します。まっすぐ北上すればいいのに、熊本から右折し大分に向かい、城島高原遊園地のジェットコースター「ジュピター」を横切ります。福岡でのスペースゴジラとの戦いでは「ベスト電器」のビルは壊されませんでした。多分スポンサーだったんでしょうね。ローカル色満載でもゴジラはゴジラ。ゴジラが登場する時の圧倒的な緊迫感。強いゴジラが大好きです。

ところが、ゴジラのハリウッドデビュー作(1998年)は悲惨でした。イグアナみたいなゴジラが出てきて、しかも魚を食べちゃうんです。あんなのゴジラじゃない。ただただ悲しいゴジラでした。2014年のハリウッド版は、渡辺謙が「GODZILA」ではなく「ゴジラ」と呼んだように、まさに「ゴジラ映画」でした。強いゴジラが描かれて、わたし的には及第点でした。

そして、今回の「ゴジラ・キングオブモンスターズ」。怪獣が戦っているだけの映画と酷評した評論家に言いたい。ゴジラファンは、下手な人間ドラマなんか見たいんじゃない。強いゴジラを見たいんだよ!ゴジラがキングギドラと戦ってボストンの街を破壊するのが見たいんだよ!エンドロールでは、ザ・ピーナッツが歌った「モスラや!モスラ!」のメロディーが流れて感激し、ゴジラ登場時のメロディー「ダダダ!ダダダ!ダダダダダダダ!」まで流れて大感激!マイケル・ドハティ監督の「ゴジラ愛」が溢れていました。

ゴジラは着ぐるみ時代から、日本人だけでなく、世界中の子供たちをワクワクさせたんですね。ゴジラは「キング・オブヒーロー」でーす。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です