フリーアナ、馬場ももこは化けるか

女子アナの話題は多いけど、ほとんど区別がつきません。皆さん個性も無く、フツーの会社員にしか見えません。まあ、会社員なんですけどね。そんな中、馬場ももこが登場しました。何だこいつ!美人でもないし!

ところが、その猪突猛進ぶりが半端ない。出世魚のように地方局から東京に出てきて、フリーアナ・キャスター専門の事務所セント・フォースに押し掛け所属。押して、押して、押しまくって、全国放送の番組で見かけるようになりました。異様なハイテンションで賛否両論ありますが、基礎はしっかりしていると思います。テレビの主要視聴者であるシニアに受け入れられたら、大化けする可能性が高いでしょう。

馬場ももこ
馬場ももこインスタグラムから

馬場ももこは1991年生まれ。ケーブルテレビの佐渡テレビジョン(新潟県)からテレビ金沢に転職し、「テレビ金沢の暴れ馬」として名を馳せたそう。そして日本テレビの「全国好きな嫌いなアナウンサー大賞2017」に出演し、破天荒な生活ぶりをぶっちゃけて、他の女子アナから総スカンを食らいました。まあ、視聴者としては、つまんない女子アナの方が本当につまんないですけどね。

東京で頑張ろうと、あてもないのにテレビ金沢を退職。所属事務所のセント・フォースは当初、書類選考で落ちました。しかし諦めず、会社に押しかけ直談判。「あなたは会社のイメージに合わない」と言われたそう。それでも熱意で押しまくり、馬場ももこは見事、セント・フォースへの所属を勝ち取りました。

馬場ももこのことを「地方の星」と言う人がいます。しかし、課題はこれからです。フリーアナの高橋真麻も当初は「歌える女子アナ」で仕事を取りました。その後は地に足をつけて、現在はワイドショーのコメンテーターもこなしています。馬場ももこも「暴れ馬」だけじゃ、飽きられるだけです。シニア受けする努力をすれば、長く活躍できるでしょう。化けろ!化けるんだ!馬場ももこ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です