上重アナの復活と松坂世代のサラリーマンを考察

〝平成の怪物〟松坂大輔投手を始め、松坂世代(1980年度生まれ)のプロ野球選手が岐路に立たされている。2018年に38歳、2020年に40歳になる彼らは、これからどう生き抜いていくのか。そんな中、日本テレビの上重聡アナウンサーから、松坂世代のサラリーマンを考えてみる。

上重アナは野球の名門PL学園のエースとして活躍。夏の甲子園で横浜高校の松坂投手と投げ合い、死闘を繰り広げました。スポーツ推薦で立教大学に進学したもののプロには行かず、アナウンサーを志望。日本テレビのほか、フジテレビ、テレビ朝日から内定をもらいました。「甲子園で松坂と投げ合った」ブランドは絶大なのです。

日本テレビ入社後は第一線で活躍し、2014年の「好きな男性アナウンサーランキング」で2位にランクされるなど、松坂世代の野球選手と同じく順調そのものでした。

ところが2016年4月、ABCマートの創業者から1億7000万を無利子で借り入れ都内のタワーマンションを購入し、高級外車ベントレーも無料で貸与されたことが発覚。テレビから干されてしまいました。その後、フリーになるとの憶測も流れたものの、会社に在籍したままで日の目を見ない日が続きました。

上重アナは話し方も普通、見た目も普通。ただ、「甲子園で松坂と投げ合った」ブランドだけで通用していたので、フリーでやっていける訳がありません。巨額融資についても、「甲子園で松坂と投げ合った」ブランドによるものだったのもしれません。

しかし上重アナは、日曜朝の情報番組「シューイチ」に抜擢され、これまでになく、頑張っている様子がうかがえるのです。何にでも体当たりで自分のカラーを出そうとしています。「ヒルナンデス」の「レシピの女王」では、エプロン姿が似合っています。

松坂世代のサラリーマンは現在、会社に骨を埋めるか、はたまた転職するか悩む年齢です。先が見えてきて、転職するなら早い方がいいのですが決断する勇気がない。出世コースに乗ったなら、さらなる精進を積まなければならない。現場ではバブル世代の上司とゆとり世代の部下に挟まれて苦労する。

悩める子羊たちです。

いずれにしても、やれることを精一杯やりましょう。体当たりで頑張れば、周りはきっと評価してくれるでしょう。松坂投手や上重アナを横目で見ながら、反面教師とするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です