沈みゆく日本 中国のシリコンバレー「深圳」のパワーがほしい   

今日より明日は良くなる。みんながそう思えた時代は過ぎ去り、人生に例えれば老年期に入ったみたいな日本。2040年には65歳以上の人口が3900万人を超え、労働者不足は1285万人と予測される。企業や大学のレベルは世界のランキングから落ち続け、外国人労働者の受け入れなど、これまで経験したことがない時代が訪れようとしている。一方、アメリカと互角に経済戦争を繰り広げる中国。1日に1万7000社が起業する中国のパワーを、日本ではもう生み出すことができないのだろうか。このまま日本は後進国になってしまうのだろうか。よみがえれ「強い日本」!!

中国の「シリコンバレー」広東省深圳。現在ではIT企業が集積するが、1980年に当時の最高指導者の故鄧小平氏による改革・開放政策で経済特区に指定される以前は人民は貧困にあえいでいた。多くは農民で、貧困から逃れるため海を泳いで香港に渡り、不法越境は50万人を超えたが数万人が途中で命を落としている。現在の人口は約1200万人で、企業数は約15万社。通信機器大手のファーウェイが巨大な本社を構え、アメリカとのハイテク覇権争いの拠点だ。全国から若者が集まり、ほんの一握りの成功者による新ビジネスが中国経済の活力となっている。

深圳

企業価値が10億ドル(約1100億円)以上の未上場企業「ユニコーン」の数は、アメリカが約140社でトップだが、中国には約80社ある、好きな音楽に合わせて15秒の動画が作れ、日本でも若者を中心に流行中の投稿アプリ「TIKTOK」(ティックトック)を運営する中国のバイトダンスは世界最大の「ユニコーン」企業。同社の企業価値は、驚愕の約8兆3000万円。一方で、日本のユニコーンは、プリファード・ネットワークス(深層学習による制御技術、推計企業価値約2402億円)1社にすぎない。

これから先、日本はどうなるのでしょう。高齢者と女性、外国人労働者に頑張ってもらうしかなさそうです。深圳のパワーに負けないパワーを発揮できるような制度改革が必要となりそうです。よみがえれ「強い日本」!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です