「モスラ」「ラドン」「キングギドラ」3怪獣がハリウッドデビュー

映画「ゴジラ・キングオブモンスターズ」で3怪獣を見たときは、胸が熱くなりました。阿蘇山から産まれた「ラドン」は、何とメキシコの火山から出現。ザ・ピーナッツの「モスラ」は中国雲南省でサナギから羽化します。キングギドラは南極。九州版ゴジラで感動した頃からすれば、なんとインターナショナルなんでしょう。みんな出世したね。嬉しいです!

モスラ・ラドン・キングギドラ

九州版のゴジラ「ゴジラVSスペースゴジラ」(1994年)では、鹿児島の錦江湾から出現したゴジラが福岡タワーを目指します。まっすぐ北上すればいいのに、熊本から右折し大分に向かい、城島高原遊園地のジェットコースター「ジュピター」を横切ります。福岡でのスペースゴジラとの戦いでは「ベスト電器」のビルは壊されませんでした。多分スポンサーだったんでしょうね。ローカル色満載でもゴジラはゴジラ。ゴジラが登場する時の圧倒的な緊迫感。強いゴジラが大好きです。

ところが、ゴジラのハリウッドデビュー作(1998年)は悲惨でした。イグアナみたいなゴジラが出てきて、しかも魚を食べちゃうんです。あんなのゴジラじゃない。ただただ悲しいゴジラでした。2014年のハリウッド版は、渡辺謙が「GODZILA」ではなく「ゴジラ」と呼んだように、まさに「ゴジラ映画」でした。強いゴジラが描かれて、わたし的には及第点でした。

そして、今回の「ゴジラ・キングオブモンスターズ」。怪獣が戦っているだけの映画と酷評した評論家に言いたい。ゴジラファンは、下手な人間ドラマなんか見たいんじゃない。強いゴジラを見たいんだよ!ゴジラがキングギドラと戦ってボストンの街を破壊するのが見たいんだよ!エンドロールでは、ザ・ピーナッツが歌った「モスラや!モスラ!」のメロディーが流れて感激し、ゴジラ登場時のメロディー「ダダダ!ダダダ!ダダダダダダダ!」まで流れて大感激!マイケル・ドハティ監督の「ゴジラ愛」が溢れていました。

ゴジラは着ぐるみ時代から、日本人だけでなく、世界中の子供たちをワクワクさせたんですね。ゴジラは「キング・オブヒーロー」でーす。

 

ユニクロの「エアリズム」は暑い!日本の夏に不向き。

夏を涼しく乗り切ろうと、ユニクロの「エアリズム」を買いました。感想は「暑い!!」。
「これって冬用じゃん!」(あくまでも個人の感想ですが)。ネットで「エアリズム」と検索すると「暑い」が出てきます。世界企業となったユニクロは、とうとう日本の夏に不向きな製品を出すようになったのですね。今後インナーは、世界基準より、日本基準で選びます。四季があり、夏には梅雨や猛暑日もある日本を向かずに世界を目指すユニクロを私は卒業します。

エアリズム

そもそも「エアリズム」は化学繊維です。涼しいはずないけど、ユニクロなら「ヒートテック」並みの大発明をしてくれるのでは、との期待がありました。ところが新作の生地は厚くなっています。きっとその方が世界では受けるのしょうね(あくまでも個人の感想ですが)。中国やヨーロッパは日本より寒いし、南の島の人はインナーとか着けないだろうし。ユニクロを信じて買った私が悪いのです。買う前にネットの評判を見るべきでした。

ところで、世界企業のユニクロの「シームレスパンツ」ですが、これもひどい。穿いて歩いたとたん、ずり下がってしまいます。使い物にならないのですぐに捨てました。私は日本人なので「世界基準」のお尻のサイズではなかったのでしょう(個人の感想ではなく、実体験)。

決して、ユニクロを非難するものではありません。ユニクロには、ぜひとも世界制覇を目指してほしいです。今やユニクロは営業黒字の4割以上を外国事業が占めています。日本経済のため、少子高齢化が進む日本ではなく、外貨を稼いでほしいと願っています。ただし、私はユニクロを卒業させていただきます。もちろん、あっとおどろくような凄いモノを世に出されたときは戻りますよ。


コカコーラの「鬼レモン」は美味しいけどカロリー高すぎ

コカ・コーラから発売されたレモンサワー「檸檬堂 鬼レモン」。安酒で酔いたい私は早速購入。飲んだ感想は「美味しい!」。これ、いいじゃん!。ところが、缶に記載されたカロリーを見ると、何と100グラム中80カロリーもあります。普通、缶酎ハイのカロリーは50前後ですから、カロリー高すぎ!!高すぎ君。美味しさをとるか、カロリーをとるか。リピーターとなるか悩みますね。

鬼レモンはカロリーが鬼だろ

「檸檬堂 鬼レモン」はアルコール度数9%。1缶(350ml)あたりレモン1.5個分ものレモン果汁を使っているそうです。そりゃあ美味しいよね。レモンが強い分、砂糖類も多くなるってことでしょうね。価格は他のチューハイより少し高めです。でも、これは居酒屋で飲むレモンサワーの味ですよ。この価格で居酒屋のレモンサワーが家飲みできると思えば、安いものです。

結論。やっぱ、美味しいものの前に私はひれ伏します。チョコレートだって、やめられないもん。美味しいものを食べて、飲んで、人生楽しみましょう!!

 

 

ボヘミアンラプソディとおじさん、おばさん

「クイーンの名前と数曲、フレディ・マーキュリーがエイズで死んだことを知っている」その程度の知識しかない私が、クイーンを描いた映画「ボヘミアンラプソディ」を見に行きました。周りを見回すと、おじさん、おばさんばっかり!映画は、ファンでなくても超感動もの。これまで映画館に足を運んだことがないおじ、おば動員なら、そりゃあヒットするよな。

毎日新聞「りえさん手帖」より
毎日新聞「りえさん手帖」より

今のおじさんとおばさんは元気です。テレビもよく見ます。それに合わせ「健康モノ」の番組ばっかり。確かに足腰は大事だけど「行くところ」が必要よね。日頃、ウオーキングで鍛えた足が、今回、「ボヘミアンラプソディ」に向かったのね。もちろん、映画の出来が良かったから、人気が人気を呼んだんですが。クイーンは好きだけど、大ファンという訳でもない私が「もう一度見たい」と思うほど、感動しました。

そういえば、歌手の沢田研二さんが起こした公演ドタキャン騒動。「観客動員が少ない」のが理由みたいですが、ファンは何とも思っていないそう。ファンの方々は相当な年齢でしょうが、ジュリーの追っかけが若さの秘訣なんでしょうね。もはや「健康モノ」がテレビ番組の主流となるなか、若い子よりヒマとお金があるおじさん、おばさんは「行くところ」を探しているようです。需要と供給がマッチした、次の何かを期待しましょう。

 

 

 

 

福岡空港の近くなのに昭和な博多ラーメン「一楽ラーメン志免店」

昭和の香り漂う博多ラーメン「一楽ラーメン志免店」。福岡空港の近くにありますが、「今時、こんな店が実在するなんて」レベルのレトロ感が都会っ子にはたまりません。

客の注文を覚えるのと料金計算がAI(人工知能)並みのお兄さんとご両親で営業されていましたが、あの爺ちゃんと婆ちゃんは生きているだろうかと思い、久しぶりにお店に行きました。

幾多の台風に耐えた引き戸を開けると、少しおじさんになったお兄さんと、婆ちゃんもいました。もともと、腰が直角に曲がっていましたが、さらに曲がったよう。しかし、元気そのもので、「次は固ゆで」とお兄さんの指示を受けて見事に麺を茹で上げていました。

ところが、ご飯の普通盛りも大盛りも同じように大盛りにしていた爺ちゃんがいない!。一抹の寂しさを感じたその時、お兄さんが「唐揚げ」と大きな声で言いました。
すると、店の奥に爺ちゃんが!。爺ちゃんはご飯を大盛りに盛った「から揚げ定食」を運んだ後、皿洗いをしていました。お兄さんが料金計算し、婆ちゃんはレジで正確に対応。爺ちゃんも婆ちゃんも元気で安心しました。

元気だった爺ちゃんと婆ちゃん

どう見ても80代の爺ちゃんと婆ちゃんが現役で働いて、ラーメンが450円。唐揚げなども定食もあります。客の入りも良くて、日曜・祭日は休み。このお兄さん(今はおじさん)は立派です。両親も現役で働いているから元気なんでしょうね。もしかして、自宅は御殿かも。定休日は、親孝行してくださいね。

上重アナの復活と松坂世代のサラリーマンを考察

〝平成の怪物〟松坂大輔投手を始め、松坂世代(1980年度生まれ)のプロ野球選手が岐路に立たされている。2018年に38歳、2020年に40歳になる彼らは、これからどう生き抜いていくのか。そんな中、日本テレビの上重聡アナウンサーから、松坂世代のサラリーマンを考えてみる。

上重アナは野球の名門PL学園のエースとして活躍。夏の甲子園で横浜高校の松坂投手と投げ合い、死闘を繰り広げました。スポーツ推薦で立教大学に進学したもののプロには行かず、アナウンサーを志望。日本テレビのほか、フジテレビ、テレビ朝日から内定をもらいました。「甲子園で松坂と投げ合った」ブランドは絶大なのです。

日本テレビ入社後は第一線で活躍し、2014年の「好きな男性アナウンサーランキング」で2位にランクされるなど、松坂世代の野球選手と同じく順調そのものでした。

ところが2016年4月、ABCマートの創業者から1億7000万を無利子で借り入れ都内のタワーマンションを購入し、高級外車ベントレーも無料で貸与されたことが発覚。テレビから干されてしまいました。その後、フリーになるとの憶測も流れたものの、会社に在籍したままで日の目を見ない日が続きました。

上重アナは話し方も普通、見た目も普通。ただ、「甲子園で松坂と投げ合った」ブランドだけで通用していたので、フリーでやっていける訳がありません。巨額融資についても、「甲子園で松坂と投げ合った」ブランドによるものだったのもしれません。

しかし上重アナは、日曜朝の情報番組「シューイチ」に抜擢され、これまでになく、頑張っている様子がうかがえるのです。何にでも体当たりで自分のカラーを出そうとしています。「ヒルナンデス」の「レシピの女王」では、エプロン姿が似合っています。

松坂世代のサラリーマンは現在、会社に骨を埋めるか、はたまた転職するか悩む年齢です。先が見えてきて、転職するなら早い方がいいのですが決断する勇気がない。出世コースに乗ったなら、さらなる精進を積まなければならない。現場ではバブル世代の上司とゆとり世代の部下に挟まれて苦労する。

悩める子羊たちです。

いずれにしても、やれることを精一杯やりましょう。体当たりで頑張れば、周りはきっと評価してくれるでしょう。松坂投手や上重アナを横目で見ながら、反面教師とするのです。

恐るべし、くまモンの経済効果 海外解禁に地元企業が反発 地方自治体の商売とは

熊本のスーパースター「くまモン」を巡って、地元企業の県に対する不満が噴出しているそう。くまモンは県のPRキャラクターで、県内企業はこれまでイラストを無料で使用できました。ところが県はイラスト利用を海外企業に解禁すると発表。代わりに著作権使用料として小売価格の5〜7%、県内企業が海外販売する場合は3〜5%を徴取するという。

これまで関連商品を輸出してきた地元企業にとっては寝耳に水。熊本の企業が中国企業に対抗できるはずもなく、「県は何考えてんだよ」状態に。県はあくまでも偽物などの不正利用防止が目的で、くまモンのブランド価値を高めるためとし、長期的には県内の企業にはプラスだと主張。「くまモンブランド」確立に打って出ました。

県はきっと、くまモンはディズニーの「くまのプーさん」よりかわいいから、世界の人気者になれるかも、と考えたんでしょうね。著作権使用料は、県産品の販路拡大やインバウンド(訪日旅行)につなげるほか、くまモンのアニメ制作などに充てるそう。ライバルは「ミッキーマウス」と想定してるかも。地方自治体が、なんて壮大な夢を描いているのでしょう。

くまモンが凄いのは、日本経済新聞の扱いです。まだ人気が出る前から、くまモンの記事は社会面ではなく経済面に出ていました。「熊本産のデコポン味の○○が発売されたモン」とか「くまモンの外遊」とか。くまモンには初めから、お金の匂いがしていたのですね。

くまモン関連商品の売り上げは2016年時点で1280億円で、そのうち8億円を海外で稼いでいます。そういえば私は、くまモンが出始めの頃、熊本県のイベントがあった福岡銀行本店までくまモンを見に行きました。初めて見たクマもんのかわいいこと。キャラクターグッズを買って、県の担当者に「くまモン稼いでいますね」と言うと、「そうですね。がんばってます」と答えが返ってきました。その後、くまモンは大阪と東京に常駐。NHKの紅白歌合戦にも出場するなど全国区の人気者に成長しました。

くまモンで成功した熊本県。そして、親方熊本県で商売してきた地元企業。熊本の土産店はくまモンだらけ。中国のまともな企業がグレードの高いくまモンを作りはじめたらどうなるのでしょう。

地方自治体が商売するということは、どういうことなのか。自治体が向くべき方向はどこなのか。親方の自治体に守られて商売をしてきた企業に甘さはなかったのか。

一人の民間人だけでがんばった「ふなっしー」には、こんな悩みはないことだけは分かります。

くまモン アニメ

結局、県は、海外でのくまモン商品製造・販売について、県内企業にはイラスト利用料を徴収しなことを決定。中国などから300件以上のイラスト利用の申請があるという。恐るべし!くまモン!!

しかも、くまモンの世界展開に向けたアニメ制作が決まったという。テーマは「幸せ」。広告大手アサツーディケイや吉本興業も出資し、米国のスタジオで製作するそう。アジア人から見ると、くまモンはプーさんよりも可愛いし、ミッキーマウスよりも可愛く思えますが、くまモンの活躍の場を知名度が低い欧米やオセアニアにも広げたいんだって。

10年後、くまモンが熊本出身と知って「へー、そうなんだ」とびっくりする子供が現れるかも。熊本県民にとっては、複雑な心境ですね。

 

林真理子「愉楽にて」は日経平均を押し上げるか

日本経済新聞に9月から連載中の林真理子の小説「愉楽にて」は、おじさんのおとぎ話です。

渡辺淳一の「失楽園」「愛の流刑地」に続く官能小説で、お金持ちの「ぼんぼん」おじさんがやりたい放題やっちゃいます。シンガポール駐在の大手薬品メーカーの御曹司とか、京都祇園でのお遊び、友達の奥さんが莫大な遺産を遺しちゃうとか、日々仕事に追われるサラリーマン向けのファンタジーです。

yurakunite

 

朝のひととき、サラリーマンは「愉楽にて」を読み鋭気を養い、嫁は昼間に韓流ドラマを見ながら家事をする。キム・スヒョンがいるから、夕飯がちゃんと作れるのよ。

「失楽園」と「愛の流刑地」は、日経平均を押し上げる力があったとか。
「愉楽にて」で、日経平均3万円をめざしましょう

スターフライヤーマンは人気者になるかな

sutafura

北九州市を拠点とする航空会社スターフライヤーが、機内で流す安全ビデオに新キャラクター「スターフライヤーマン」を登場させた。同社の黒い機体をモチーフにしたロボットです。北九州市は安川電機やTOTOの本社がある工業都市で、そのイメージも演出するそう。ちなみに、ソフトクリーム作りが得意な〝やすかわ君〟は安川電機が開発しました。

yasukawa
スターフライヤーは東京(羽田)便を就航しているので、その機体を見たことがある人も多いと思います。スタイリッシュな黒い機体で、就航当時、黒いトイレットペーパーをもらったことがあります。なんて斬新なんだ! とても使えない! が感想でした。
スターフライヤーマンは身長2002㍉、体重1217㌔だそう。機内安全ビデオで、シートベルトの装着法や緊急時の酸素マスクの使い方などを説明しています。今後、関連グッズなどを展開する予定ということで、人気が出ればいいですね。

 

2017年の残念賞「プレミアムフライデー」

今年も色々な出来事がありました。

2017年の流行語大賞は「忖度」と「インスタ映え」に決まりましたが、残念賞はなんといっても「プレミアムフライデー」でしよう。

政財界が音頭を取り、2月にスタートするものの浸透せず、年末には忘れ去られたみたいと言うか、死語になっちゃってます。この国のお偉いさんはいかに国民生活を分かっていないかが分かっただけ。

ところが、世の中に月末の金曜日に会社を早く帰れる人などいないと思っていたら、「通常より早く帰れた」人が11%もいたそう。これにはビックリ‼ まあ大企業の方々でしょうが、翌週の月曜日にしわ寄せがこないといいですね。要するに「プレミアムフライデー」で、格差社会の格差がさらに広がったということですね。