韓流の二番手イケメン、パクヒョンシクは日本人好み。

韓流ドラマ「相続者たち」や「ファラン(花郎)」などでイケメンぶりを発揮しながらも、二番手、三番手に甘んじているパクヒョンシク。うすーい塩顔で、日本人好みの顔立ちと思うんですけどね。

主役に比べると派手さもないし、存在感も薄いし…。でも、それがいい味出しているんですよ。例えて言えば、カレーの福神漬け。主役のカレーの美味しさを引き立てる役回りですね。それはそれで、絶対に必要な訳です。

「相続者たち」なんて、主役はイ・ミンホ。二番手はキム・ウビン。どちらも濃いー顔ですね。みんな金持ちのおぼっちゃん役でしたが、2人とも存在感も濃いかった。濃いーと飽きがきやすいでよね。パクヒョンシクの薄さが好き。

ことろで、パクヒョンシクの身長は185センチ。韓国の俳優は背が高いのが当たり前。女優さんも背が高いですよね。パクヒョンシクもドラマで背の高さが気になりませんでした。日本の俳優との違いは歴然。最近は日本でも背の高い俳優・女優さんが増えましたが、まだまだ。

話がそれますが、どうして日本では背が高い〝見栄え〟を最優先にしないのでしょうか。世界で通用するなら、まず〝見栄え〟ありきでしょう。これに関して言えば、ジャニーズ問題もあるでしょう。ジャニー社長は少年を見て、「10年後の顔が分かる」そうです。しかし、「10年後の身長」は分からない。結果、かわいい顔した「とっちゃんぼうや」が増えて、事務所の力もあり、ドラマや映画に進出。身長が釣り合う女優さんが起用される、という構図です。まあ、興行的に良ければいいのでしょうが。

パクヒョンシクは1991年生まれ。9人組ボーイズグループZE:A(既に解散)のメインボーカルだったので、歌声もステキです。



公式サイト【JOMASHOP.COM】

 

福岡空港の近くなのに昭和な博多ラーメン「一楽ラーメン志免店」

昭和の香り漂う博多ラーメン「一楽ラーメン志免店」。福岡空港の近くにありますが、「今時、こんな店が実在するなんて」レベルのレトロ感が都会っ子にはたまりません。

客の注文を覚えるのと料金計算がAI(人工知能)並みのお兄さんとご両親で営業されていましたが、あの爺ちゃんと婆ちゃんは生きているだろうかと思い、久しぶりにお店に行きました。

幾多の台風に耐えた引き戸を開けると、少しおじさんになったお兄さんと、婆ちゃんもいました。もともと、腰が直角に曲がっていましたが、さらに曲がったよう。しかし、元気そのもので、「次は固ゆで」とお兄さんの指示を受けて見事に麺を茹で上げていました。

ところが、ご飯の普通盛りも大盛りも同じように大盛りにしていた爺ちゃんがいない!。一抹の寂しさを感じたその時、お兄さんが「唐揚げ」と大きな声で言いました。
すると、店の奥に爺ちゃんが!。爺ちゃんはご飯を大盛りに盛った「から揚げ定食」を運んだ後、皿洗いをしていました。お兄さんが料金計算し、婆ちゃんはレジで正確に対応。爺ちゃんも婆ちゃんも元気で安心しました。

元気だった爺ちゃんと婆ちゃん

どう見ても80代の爺ちゃんと婆ちゃんが現役で働いて、ラーメンが450円。唐揚げなども定食もあります。客の入りも良くて、日曜・祭日は休み。このお兄さん(今はおじさん)は立派です。両親も現役で働いているから元気なんでしょうね。もしかして、自宅は御殿かも。定休日は、親孝行してくださいね。

工藤静香が歩む毒母(毒親)への道。キムタクを「支配」するくらいだから、 koki,も「支配」するでしょう

工藤静香と木村拓哉の次女、koki,が鮮烈にデビューした。両親の14光に負けないオーラを放つ彼女の未来は輝かしいものとなるでしょう。しかし…。15歳の彼女は10年後には25歳になります。両親はアラ還で、芸能界の最前線にいるのは厳しいと思われます。その時、 koki,は母親が敷いたレールをそのまま歩いているのでしょうか。そのレールは、 工藤静香による 「娘を支配する毒母」への道になるかもしれません。

おしゃれで料理上手。工藤静香の インスタには手作りのケーキや料理がアップされています。 娘達をアメリカンスクールに通わせるため、自分も英語で会話するなど、まさに「良妻賢母」。絵を描けば「二科展」入賞の常連で「才色兼備」。夫は天下の木村拓哉で、娘達は美しく、素直に育っています。 完璧で、非の打ち所がない。 日本で一番幸せな女性とも言えるでしょう。

アメリカNO.1、オンラインショッピングサイト【JOMASHOP.COM】



そんな彼女が、スマップの独立騒動時の立ち位置でミソをつけました。

普通は旦那に対し、「これまでありがとう。これからは、あなたの好きにしていいのよ」と、独立を応援するでしょう。ところが彼女は違った。ジャニーズ事務所のメリー副社長にすり寄り、キムタクを事務所に残留させた。 事務所にとどまり、幹部になった方がいいと判断したのでしょう。 半端なく、すごいですね。これで、二人の結婚時の工藤静香のメリー副社長に対する工作の「すごさ」も分かります。

旦那を「支配」するくらいだから、おそらく娘も「支配」するでしょう。

プロデューサーと言えば、聞こえはいいですが、自分の思うように事を進めるのです。koki,の初CM、大塚製薬「ボディメンテドリンク」の撮影の際もベルギーに同行し、スタッフに差し入れをしていたそうです。koki,も今はまだ未成年で、何の知識も経験もないから親がたよりになるでしょう。しかし、これから先、もし自我に目覚めた時がヤバイですね。「毒母」の支配から逃れ、自立できるでしょうか。 koki, の今後の成長が楽しみですね。



腕に感じる木のぬくもり【VEJRHOJ】