2017年の残念賞「プレミアムフライデー」

今年も色々な出来事がありました。

2017年の流行語大賞は「忖度」と「インスタ映え」に決まりましたが、残念賞はなんといっても「プレミアムフライデー」でしよう。

政財界が音頭を取り、2月にスタートするものの浸透せず、年末には忘れ去られたみたいと言うか、死語になっちゃってます。この国のお偉いさんはいかに国民生活を分かっていないかが分かっただけ。

ところが、世の中に月末の金曜日に会社を早く帰れる人などいないと思っていたら、「通常より早く帰れた」人が11%もいたそう。これにはビックリ‼ まあ大企業の方々でしょうが、翌週の月曜日にしわ寄せがこないといいですね。要するに「プレミアムフライデー」で、格差社会の格差がさらに広がったということですね。