菅の新刊「身の丈にあった勉強法」でロザンのビジネススタイルを研究しよう

漫才コンビ「ロザン」といえば、京大法学部卒の宇治原史規さんと大阪府立大中退の菅広文さんですね。宇治原さんはクイズ番組で名前を売り、菅さんは宇治原さんをネタに本を出版するという見事なビジネススタイルを確立しています。新刊は「身の丈にあった勉強法」。彼らを研究しましょう。

 

「身の丈にあった勉強法」
普通の人が着実に成績を上げるためにはどうすればいいのか。
本書のポイントは
①「偏差値30アップの勉強法」は、ほとんどの人にとって意味がない。
②「予習」と「復習」、どちらか捨てるべき。
③身の丈にあってない高校・大学に入ると、成績が伸びなくなる。

 

①の「偏差値30アップの勉強法」は、ほとんどの人にとって意味がないとは…

偏差値30アップの勉強法とは、普通の人がいきなり東大を目指すようなものです。そのうち、頑張っても無理だと悟るでしょう。それより、身の丈にあった勉強を続けていけば自ずと偏差値が5、10と上がってゆくのです。

②の「予習」と「復習」、どちらか捨てるべきとは…
予習・復習の両方をやろうとすると絶対的な時間が足りません。授業中に寝てしまうかも。当然聞いていなかった授業の復習はできません。予習は、教科書をパラパラ読むだけでも授業の理解度が変わってきます。

③身の丈にあってない高校・大学に入ると、成績が伸びなくなるとは…

宇治原さんは大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎時代、京都大学に合格するために、毎日11時間も勉強していたそうです。菅さんは、ひたすら勉強する宇治原さんを尊敬する生徒でした。回りが自分より優秀な人ばかりだったら、よほど向上心が強くないかぎり落ち込むだけです。

学歴は浮き輪のようなもので、つけていないとうまく泳げませんが、一方で、つけっぱしだと泳ぐスピードが落ちます。京大法学部卒という、最強の浮き輪を使って活躍する宇治原さん。そして、宇治原さんの浮き輪泳法に掴まって稼ぐ方法を見つけた菅さん。いずれにしても、身の丈にあった勉強法を実践したといえるでしょう。

菅さんが出版した本は「京大芸人」「京大少年」のほか、「京大芸人式日本史」「菅ちゃん英語で道案内しよッ!」などで、「京大芸人」シリーズは累計発行部数が20万部を超えるベストセラーになっています。

 

菅さんは2014年9月に追手門学院大学客員教授に就任しています。18年1月に一般女性と結婚し、宇治原さんも既婚者です。宇治原さんがテレビのクイズ番組『Qさま!!』に初出演したのは07年8月。チャンスを掴み、その後、猛烈に勉強を重ねたことでしょう。地元大阪以外で知名度がなかったロザンですが、頭の良さでここまで出世しました。頭の良さとは、自分の能力をフルに使い、四方八方に気を配り、自分を高めることができる能力です。

 

「ロザン」の二人は、学歴の浮き輪を外す時を見据え、今後もいろんな勉強を続けるでしょう。いやいや、そんなことは一切考えず、さらに大きな「学歴の浮き輪」を目指しているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です