得体(えたい)が知れないは、正体が分からないと言い換えましょう。

得体(えたい)が知れないは、正体が分からないと言い換えましょう。

得体とは、真の姿や考え。本当のこと、正体。
まー、文学的といえば、そうなんですけど。やはり、正体が分からないと言い換える方がきちんとした日本語でしょう。得体の語源は「為体」(ていたらく)や、僧侶の衣姿のことをいう「衣体(えたい)」と言われています。「為体」(ていたらく)とは現在では「好ましくない状態」や「褒められない状態」のこと。自堕落な生活をしていると、「体たらく!」と怒られますよね。また、僧侶の衣装「衣体(えたい)」は宗派で異なり、さらにそれぞれ紋の色にも定めがあります。着ている衣で宗派や格が分かったことから、正体、つまり「衣体(えたい)」が転じて、得体となったという説もあります。

得体が知れない?

いずれにしても「得体が知れない」という言葉は、それこそ得体が知れませんね。
正体が分からない、という方が、分かりやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です